利息が安くすむ低金利カードローンの選び方

カードローンは、あらかじめ設定された極度額の範囲内で自由に借り入れができる便利なサービスです。一度使用した後でも、返済をすれば利用可能額が復活するため、再度契約手続きをする必要がなく新たな借り入れをすることができます。そんな便利なカードローンですが、一般的に金利が高めです。住宅ローンなどの目的ローンの場合には、金利は一けた台に設定されていることが多いですが、こちらは利息制限法の上限に設定されていることが多いです。そのため、返済の負担が重くなる点がネックです。
以上の傾向にあるため、できるだけ返済の負担を軽くしたいのであれば、低金利のカードローンを選ぶようにしましょう。わずかではありますが、金利差は存在していますし、融資を受ける額が大きくなるほど、わずかな差でも大きな差が生じます。そして、低金利のサービスとしてねらい目なのが、銀行のカードローンです。消費者金融が提供するサービスに比べると低金利になっており、同じ額を借り入れする場合ならば断然お得です。
ただし、銀行から融資を受けるためには保証会社の審査を受けなくてはなりませんが、この審査は少し厳しい傾向にあります。そのため、消費者金融の審査なら通るという人であっても、銀行ならば審査に通らないという人もいます。ただ、審査に通るかどうかは、実際に受けてみなければわからないため、ダメもとで申し込んでみることをお勧めします。通ればラッキーですし、通らなければ消費者金融のサービスを申し込めばよいでしょう。
カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら