カードローンでいくらまで借りれる?

カードローンの限度額のちがい

カードローンのほうが消費者金融よりも多額の借入が可能、ということを知っている人は多いと思います。ですが、実際には各銀行によって借入の限度額は異なっていて、銀行によってはその差額は500万ほど。融資申請を行う前にどれほどの融資が必要で、その融資を可能にしてくれるのはどこの銀行なのか、しっかりと押さえておく必要があります。では実際にはどの銀行がいくらまでの融資をおこなっているのでしょうか?まとめてみましょう。
融資限度額の異なる大手三社をみてみましょう。新生銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の三社です。
新生銀行では新生銀行カードローンレイクによるサービスをおこなっています。限度額は最大で500万です。低いと感じますか?実はカードローンでは融資限度額をこの500万に設定している銀行が最も多いです。なのでこの金額を目安に選ぶことがポイントとなってきます。
次に三井住友銀行カードローン。こちらの銀行の最大融資額は800万と設定されています。限度額は高額ですが申し込み後、最短で30分で審査完了も可能というのも大きなメリットです。
最後にみずほ銀行のカードローンですが、最大で1000万までの融資が可能です。この金額は銀行カードローンでは唯一の最高額です。
三社の銀行カードローンを紹介をしましたが、1番多い融資限度額は500万までで、現時点ではみずほ銀行でのみ、倍の1000万までが融資可能という点を覚えておきましょう。